Loading

「弁護士に相談すべきか否か?お悩みのあなた!」
「弁護士探し・選びにお悩みのあなた!」
弁護士の視点からお答えします。

あなたは,法律事務所のホームページ上の「〇〇専門弁護士」や「〇〇に強い弁護士」という言葉を信じ込んでいませんか?

基本的に弁護士には専門分野はありません。特に,刑事事件,相続,離婚,交通事故,債務整理(任意整理,過払金請求,自己破産,個人再生)は,一般的な法律事務所であればどこでも日常的に取り扱っています。「〇〇専門弁護士」や「〇〇に強い弁護士」と名乗っているか否かは関係ありません。
 日本弁護士連合会(日弁連)の「業務広告に関する指針」(第3-12(1))では,「専門」やこれに類する表示は,一般市民に対する誤導のおそれがあるため差し控えるべきであるとされています。「強い」の表示も同様であると思います。この指針を誠実に遵守している弁護士が,「〇〇専門弁護士」や「〇〇に強い弁護士」と名乗っている弁護士よりも,「〇〇」という分野に精通している(その分野に限らず一般的に弁護士としての能力が高い)ということはいくらでもあります。
 詳しくは,「弁護士探し・選びのポイント(弁護士のホームページの読み方)」の「1.ホームページに隠された情報を読み解く。」,「弁護士探し・選びの7つの誤解(弁護士の探し方・選び方)」の「3.弁護士に専門分野はあるのか?(「〇〇専門」,「〇〇に強い弁護士」の胡散臭さ)」をご覧ください。

あなたは,テレビCMやインターネット上で広く宣伝して名前の通っている法律事務所,多数の弁護士が所属している法律事務所であれば「安心」,「無難」であると思い込んでいませんか?

テレビやインターネットで一般市民に広く知られている法律事務所(弁護士)が,必ずしも弁護士としての能力が高いわけでも信頼できるわけでもありません。実務経験が浅く,弁護士業界内では評価を受けていない弁護士がマスメディアに多く露出しているケースはよくあります。
 また,その法律事務所に,どんなに大勢の弁護士やどんなに有名な弁護士が所属していても,あなたの事件を担当する弁護士は,通常その中の1人(多くても数人)で,必ずしも有名な弁護士が担当してくれるとは限りません(有名な弁護士が有能であるわけでもありません)。重要なことは,あなたの事件を担当する弁護士が誰であるのか,その弁護士自身の能力や人柄です。あなたの事件を担当する弁護士の「顔」は見えていますか?
 詳しくは,「弁護士探し・選びのポイント(弁護士のホームページの読み方)」の「2.あなたが相談・依頼しようとしている弁護士は信頼できますか?」,「弁護士探し・選びの7つの誤解(弁護士の探し方・選び方)」の「5.テレビCM,『大規模事務所』,『有名事務所・有名弁護士』は信頼できるか?」をご覧ください。

新着情報

  1. 政治的議論の取扱いと裁判に対する国民的議論について
  2. 地方在住者が東京の弁護士に事件を依頼するメリット(地域性と弁護士費用)
  3. ジャパンライフ事件(同様の被害を繰り返さないために)
  4. 本人調停の勧め(離婚や遺産分割は自力で対応できる!)
  5. 道徳の貯金箱(橘玲著「朝日ぎらい」より)
  6. 車内マナーと鉄道会社・乗務員の対応への疑問

メニュー

PAGE TOP