Loading

相談・依頼の流れ

1.電話又はメールでのお問合せ

事案の概要を伺って,事件の見通しや当面の対応(特に緊急性を要する場合の対応)などについてお答えいたします。
 受任相当案件については,相談者がご希望される場合,面談(無料診断)の日時を調整し,面談までにご準備いただきたいこと(より詳細な事実関係の確認,関係資料の準備など)をお伝えいたします。
 なお,刑事事件(勾留前,起訴前の釈放を求める事案等)など緊急を要する場合には,電話でお問い合わせください。

2.面談(無料診断)

面談までに当事務所で必要な資料(裁判例,参考文献等)を準備したうえで,相談者にはお約束の日時に当事務所までお越しいただき,事前にご準備いただいた資料等をもとに,より詳細な事件の見通し,事件解決に向けた方針・段取り・流れ,事件解決に要する費用(弁護士費用,実費等)の概算についてご説明し,相談者からのご質問にお答えいたします。
 なお,事件をご依頼された場合も,一度ご面談いただければ,その後は基本的に電話・郵送でのやり取りで対応可能ですので,遠方(東京,神奈川,埼玉,千葉以外の地域)にお住まいの方でも,お気軽にお問い合わせください。

3.契約

相談者には,面談(無料診断)での説明を踏まえて,事件を依頼されるか否かをご検討いただきます。面談(無料診断)当日に結論を出す必要はありません。じっくり考えて,後日,ご依頼されても結構です。
 ご依頼される場合には,改めて費用(弁護士費用,実費等)の明細についてご説明し,ご納得いただいたうえで,委任契約書(弁護士に事件を依頼する契約書)を取り交わします。
 事案の性質あるいは相談者のご希望によっては,直ちに事件を受任せず,法律相談を継続して法的なアドバイス等を行うというケースもあります。このような場合には,継続相談(有料)という形で対応いたします。この場合でも,最終的に受任することになったときは,それまでの相談料を着手金に充当いたします(二重に費用がかかるわけではありません)。
 なお,当事務所では,ご依頼の際に着手金をご用意できない場合には,着手金(弁護士費用)の分割払いや後払いにも対応しておりますので,お気軽にお問い合わせください。

4.事件着手

ご契約後速やかに事件に着手いたします。なお,刑事事件(勾留前,起訴前の釈放を求める事案等)など緊急を要する場合には,委任契約書取り交わし前でも直ちに対応いたしますので,ご相談ください。

ご契約後は,当事務所で事件処理の方針を立てて業務を遂行し,依頼者には,適宜,事件処理状況をご報告し,できる限りご負担をおかけしないよう最善を尽くしますので,ご安心してお任せください。
 ただ,どんな事件であっても,弁護士に事件処理を任せっきりにすることは,ご本人のためにも良くないと思います。当事務所としては,依頼された案件について,最善と思われる方針を立ててご提案し,それに向けて全力を尽くしますが,その判断が必ずしも正しいとは限りませんし,依頼者の心情や特殊な事情にそぐわない場合もあり得ます。特に,法律的な知識を離れた事案ごとの専門的な知識や慣習などは,弁護士もよく理解しておらず,それが事件解決に大きく影響することもあります。当事務所としては,依頼者のご意見にも謙虚に耳を傾け,依頼者とともに最善の事件解決を図りたいと考えておりますので,気兼ねなくどんなことでもお気軽に,ご意見・ご要望をお伝えいただきたいと思います。

事件着手後,万が一,当事務所の事件処理にご納得いただけない場合,あるいは,他の法律事務所に変更したいという場合には,いつでも途中解約することができます。その場合には,事件処理の状況に応じて,お預かりした着手金の全部又は一部をご返金いたします。
 もっとも,事件処理が相当程度進んだ後に委任契約が終了した場合には,着手金のご返金はありません。また,事件処理が相当程度進み,あるいは,弁護士の事件処理による一定の成果が生じている段階で,依頼者側のご都合・ご事情で委任契約が終了した場合には,報酬の一部(事件処理の状況に応じた相当額)が発生することもあります。これらの点は,当事務所にかかわらず,ほとんどの法律事務所・弁護士一般についていえることですが,詳細につきましては,受任の際にご説明いたします。

フォームでお問合せ

PAGE TOP